• HOME
  • ロケーション

四季折々に古都を彩り、雅な記憶を今に伝える、丸太町通。

御所の奥深い緑に寄り添い、悠久の彩りに染まりつつ、古都の中心を走る丸太町通。
そのなかで京都最古の歴史を継ぎ、嵯峨、嵐山という日本が世界に誇る
景勝地を我がものとする太秦の地に、待望の邸宅が生を受ける。

京都「太秦」、心地いい暮らし。

豊かな歴史と自然、愉しさが調和した街に、
自分らしく住まう。

古都にその名を馳せる、歴史に彩られた街、「太秦」。

「千年の都」といわれる京都は、都のあった平安時代が最も注目されていますが、それ以前の古代の京都を開拓したのが秦氏一族。
「太秦」という地名の由来は、秦氏が5世紀古墳時代の雄略天皇に、税として大量の絹を「うず高く積んだ」ことから、朝廷より「うずまさ」の姓を与えられたことに由来するとも言われています。

広隆寺と木嶋神社

「太秦」の象徴でもある「広隆寺」は、603年(推古天皇11年)に創建された京都最古の寺。
当時のこの地を納めていた秦(はた)氏の族長的な人物とされる秦河勝(はたのかわかつ)が聖徳太子から賜った仏像を本尊として建立しました。
その仏像が国宝指定第1号の弥勒菩薩像で、右足を左膝に乗せ、右手をそっと頬に当てて微笑しながら思索にふける半跏思惟像として広く知られています。
また、秦氏所縁の寺としては、珍しい3本柱の鳥居のある「木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)」も有名です。

秦一族によって拓かれ、養蚕や機織りを広めたエリア。

秦氏は朝鮮半島の新羅(しらぎ)からの渡来民であり、高度な技術力と豊富な経済力をもっていたため、桂川に灌漑(かんがい)用の大堰(おおづつみ)を作って嵯峨野一帯を開墾。
また、灌漑の他にも、農耕、土木、養蚕、機織りの技術を伝えたとされ、古代京都に新しい文化をもたらし、その後の千年の都の基盤づくりに大きく貢献しました。

数々の世界遺産が集積し、風光が保たれる、やすらぎの地「洛西」。

「洛西」とは、その字面通りに京都の西部に広がった、「太秦」を内包するエリア。
世界的に知られる美しい自然や由緒ある史跡などが点在し、京都の中でもここだけにしかない魅力が感じられます。
嵐山から北に足を伸ばすと、「化野念仏寺」等が点在する「嵯峨野」エリアがあり、「仁和寺」「龍安寺」といった世界遺産が連なる「きぬかけの路」では、華麗なる北山文化と名刹が堪能できます。

嵯峨野

愛宕山麓に風光明媚な景色が広がる古くから景勝地。その歴史は古く、都が京都に置かれた平安遷都以降は、天皇や貴族たちの別荘地、行楽地として親しまれていました。
今でも嵯峨野には、平安貴族に愛された地としての面影が随所に残されており、古い寺院や、皇族達の墓所などの見どころが満載です。

仁和寺

仁和4年(888年)に創建された寺院であり、真言宗御室派の総本山で、平成6年(1994年)に世界遺産に登録。 境内には五重塔や二王門など江戸時代に建立された建造物が並び、同時期に植えられた「御室桜(おむろざくら)」は京都で一番遅咲きの桜として、建物と同様、 当時と同じ姿を今に伝えています。

龍安寺

室町幕府の有力者であった細川勝元が宝徳2年(1450年)に創建した禅寺。絢爛たる「金閣寺」や「仁和寺」とは対照的に哲学的で侘びた佇まいがあり、数年前にノーベル文学賞を受賞した米国の歌手ボブ・ディランも「僕の心臓の鼓動は龍安寺の石庭に置いてきた」と記すほどお気に入りの場所だったそうです。

※掲載の環境写真は2019年6月に撮影したもので、一部CG加工を施しております(ストックフォト含む)。※掲載の分数は現地から地図上の概測距離で、徒歩は80mを1分、自転車は300mを1分として算出(端数切上げ)した概算時間です。※掲載の内容(周辺環境等)は2019年8月現在のもので、時期や状況などにより変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

自転車に乗って、ちょっとお出かけしてみよう。

休日は少し足を伸ばして太秦映画村や嵐山へ。世界遺産が並ぶ洛西エリアを散策。
ゆっくりペダルを漕いで、風を感じる、我が街「太秦」を感じる。

京都の移動には自転車が最適。現地からも自転車利用で「嵐山」や「太秦映画村」を始め、「洛西」ならではの自然や歴史を体感できる「嵯峨野」「仁和寺」「龍安寺」へ快適にアクセス。
昨今流行りの、ウォーキングのサイクリング版でゆっくりペダルを漕ぐ「ポタリング」を愉しみつつ、「太秦」の魅力を満喫できます。

地図
嵐山

京都を代表する風光明媚な観光地。古くから歌枕として多くの歌に詠まれているように、春は桜、秋は紅葉の名所として知られ、桂川にかかる「渡月橋(とげつきょう)」や川下り、トロッコ列車など人気スポットのほか、メインストリートにはおしゃれなカフェやショップなどが軒を並べています。

嵐山
東映太秦映画村

「太秦」と言えばやはり「映画村」が有名。忍者体験ができたり、江戸の町のオープンセットが見られるので、今や海外の旅行客からも人気を集めるグローバルなテーマパークです。
また、子供向けのイベントやヒーローショーも行われているので、老若男女幅広い層の方が楽しめます。

東映太秦映画村
SANSA右京〈右京区役所〉

この地で暮らす人々の拠点となる複合施設。
「右京区総合庁舎(区役所、福祉事務所、保健センター)」「京都市交通局本庁舎」「右京地域体育館」の他、京都市の図書館では初となる充実したIT環境を提供する「右京中央図書館」などの施設が入居し、地下鉄「太秦天神川」駅と京福「嵐電天神川」駅に隣接しています。

暮らし心地の良い街は、利便施設も充実。

ショッピング

複数のスーパーが徒歩圏で、お買い物にも便利。

太秦エリアには毎日のお買い物に便利なスーパーが充実。
現地からは「万代 嵯峨広沢店」及び「コープさがの」へそれぞれ徒歩2分という近さで、「いかりライクス 常盤店」へも徒歩6分というまたとないショッピング環境が整っています。お子さま連れでのお買い物や、お買い忘れの際にもスムーズにご利用いただけます。

メディカル

周辺には万一の時にも安心な医療施設が充実。

心地よい暮らしの基本はご家族が健康であること。
周辺エリアには様々な症状に対応できるよう医療科目が充実した総合病院や地元に密着した個人医院やクリニックなどの医療施設が整っており、万が一の際にも安心していただけます。

パーク

お子さまの遊び場となり健康を育む公園も点在。

周辺には大小の公園や緑地が点在。お子さまが身近な自然と触れ合ったり、ご家族で散策するのに快適で、安らぎに包まれた時間を提供してくれます。
また「甲塚古墳」や「広沢池」など緑や水の潤いが感じられるスポットもあります。

教育

小学校や保育園も徒歩圏に。安心の子育て環境。

現地周辺には保育園や幼稚園、小・中学校、高等学校など各種教育施設が点在。
保育園入園から高校卒業までをフォローする教育環境が整っているので、今も将来も安心です。
さらに、太秦・嵯峨嵐山エリアの雄大な自然に包まれ、遊び場となる公園も近くにあるなど、子育てファミリーが暮らす街としても申し分ありません。

嵯峨野高校は、堀川高校、西京高校と並ぶ「京都公立高校御三家」の1つで、「京都こすもす科」という特別なコースがあります。「調和」「秩序」を意味する「COSMOS」に由来し、我々(生徒、親、教師)が一体感をもつことで、「秩序と調和を持つ世界を!」という願いがあります。

※掲載の環境写真は2019年6月に撮影したもので、一部CG加工を施しております(ストックフォト含む)。 ※掲載の分数は現地から地図上の概測距離で、徒歩は80mを1分、自転車は300mを1分として算出(端数切上げ)した概算時間です。 ※掲載の内容(店舗情報・周辺環境等)は2019年8月現在のもので、時期や状況などにより変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。 ※掲載の地図は概念図のため、建物や道路を省略しています。

広隆寺
東映太秦映画村
シャトレーゼ 太秦店
一期一会
patisserie TSUKASA
番長のパンがかり
eenie(イーニー)
京菓匠 鶴屋長生 太秦店
とりそば ささ
広島焼 きゅうちゃん
カフェタイム 嵯峨店
点心厨房 桃花
スクーナーCafe
万代 嵯峨広沢店
コープさがの
いかりライクス常盤店
村上医院(約140m)
河端病院
歯科・小児歯科 乃子医院
常盤野児童公園
太秦乾公園
広沢公園
府立嵯峨野高等学校
市立常磐野小学校
市立蜂ヶ岡中学校
ときわ保育園
栄光幼稚園

※掲載の環境写真は2019年6月に撮影したもので、一部CG加工を施しております(ストックフォト含む)。 ※掲載の分数は現地から地図上の概測距離で、徒歩は80mを1分、自転車は300mを1分として算出(端数切上げ)した概算時間です。 ※掲載の内容(店舗情報・周辺環境等)は2019年8月現在のもので、時期や状況などにより変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。 ※掲載の地図は概念図のため、建物や道路を省略しています。

expand_less